事務の仕事を見つけてスキルを活かす|転職したい人向け情報

今までの常識は通用しない

デスクワーク

紙媒体もネット時代へ

編集をはじめとする出版業界も時代の流れとともに変化しつつあります。今までは紙面の媒体が普通であり、書店やコンビニなどに数多くの雑誌や週刊誌が並んでいました。しかしその売れ行きは年々低下しています。理由はインターネットの普及によるWeb化です。そのため出版社もその影響を受け、倒産する企業も数多く発生しているのです。紙面より時間をかけずに世間に簡単に情報を配信できるインターネットは時代の中心に位置しており、よほどできる編集者でない限り生き残れないのが実情なのです。そして出版業界に携わる編集を担当するものは相次いで転職を行っています。その行き先はフリーで仕事を行ったり、今後のビジネス展開が期待できるWeb業界です。

行動を変えることが必要

Webメディアへの転職は業界こそ同じではありませんが、同じ主旨を持っているため入りやすくなっています。しかしIT企業と出版社の考え方は大きく異なります。出版社時代の編集の考え方をそのままIT企業では通用しません。考え方や行動を180度転換する必要があるのです。しかし現実問題は長年紙面媒体の編集を行ってきた人が転職してもすぐにはなじめず、紙媒体で行ってきたことを正として行動する特徴があります。時間の使い方や構成、記事出しの方法においてWeb媒体と紙面媒体は全く異なります。IT業界からすると使いにくい人になってしまうため、採用を事前に見送ることも少なくありません。出版業界からIT業界への転職は、行動の転換をできることが大事なのです。